質問
匿名ユーザー
私は仕事で事務をしています。
連日パソコンに向かっているせいか、視力の低下が著しく、
メガネとコンタクトの両方を使い分けて生活しています。
普通ならば、その生活になれるなり我慢するなりすればいいのですが、
裸眼でかけるもの、コンタクトの上からかけるもの、車の運転でかけるもの、
そんな感じで諸事情あって常に多数のメガネを持ち歩かなければならないのです。

意外にこのメガネががさばる上に重く、すごくストレスなのです。
そこで、レーシックでの視力回復を考えた次第です。
レーシックで視力が回復することはわかっているのですが、

レーシックによる失敗というのはないのでしょうか?

失敗の他にも、レーシックによる後遺症といったデメリットは存在するのでしょうか?

また、レーシック手術は老眼に対して何らかの影響を及ぼすことはあるのでしょうか?

レーシックという手段は思いついたものの、レーシックについてまったくの無知なので、疑問だらけですが、回答いただけたら幸いです。
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(1)

古い順表示
  • hatueco
    めがねやコンタクトで生活していると、かなり不便ですよね。
    私も普段はめがねで生活しているので、自分の裸眼だけで暮らしたいと切実に思います。
    そんな中でレーシックで視力回復して裸眼で生活できたらって憧れますね。

    でも目をいじる手術ですから、何かの失敗で目に障害が残ってしまったらと思うと怖くてなかなかレーシックを受ける勇気がでませんよね。

    ですが、しっかりとデメリットを理解していれば受ける際の心構えも違うと思うので、レーシックのデメリットを調べてみました。

    確率的にはわずかですが、レーシックにもデメリットが存在しました。

    ・ハロー・グレア現象
    ・自分の望んだ視力まで回復できるかが難しい
    などです。

    デメリットとして挙げられる症状は、早めに気づくことができれば対処でき、慣れれば治るものなどなどもあります。ただし、視力の回復に関してはレーシックを受ける際のリスクとして考えたほうが良いと思います。

    また、老眼に関してもレーシックは視力を回復させるものですが、老眼の進行を食い止めるものではないので、直接影響を及ぼしたり、老眼の速度を速めたりするものではないそうです。

    このように可能性は低いですが、レーシックにもデメリットがあるので施術を受ける際は上記も考慮して考えてみてはいかがでしょうか?
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する