質問
art_date
若葉マーク持ちの新米車ユーザーです。
車関係にまったく興味がなく、何も考えずに車に乗っています。

先日、ガソリン給油時に、ガソリンスタンドの店員さんから、
「そろそろオイル交換した方がいいですよ」と言われました。
(そのときは時間がなかったので断りました)
エンジンオイルがなんなのか、よくわかっていないのですが、
店員さんに言われたとおり、素直に交換してもらうべきなのでしょうか?
そして、エンジンオイルの交換の価格はどれぐらいなのでしょうか??

またそれとは別に、エンジンオイルにも粘度の違いとかで色々あるようなので、
エンジンオイル同士を比較して、ちゃんと選んで交換してもらうべきですか?

わからないことだらけの車初心者ですが、回答をよろしくお願いします。
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(2)

古い順表示
  • 匿名ユーザー
    エンジンオイルにはいくつかの重要な機能があり、またタイヤやワイパー等のように消耗品でもあります。

    ちょっと前、教習時の学科を思い出して欲しいのですが、一般的なエンジンではシリンダーという筒の中でガソリンや軽油などの燃料を爆発させ、そのエネルギーでピストンを押し下げ、その直線(往復)運動をクランクなどで回転運動に変えてタイヤを回します。
    金属製のシリンダーの中を金属製のピストンが1分間に数千回という高速で往復運動を繰り返しているのです。
    そこには当然摩擦が発生しますので、潤滑剤でその運動をスムーズにする必要があります。金属同士が潤滑剤無しで擦り合わされれば、いずれトラブルを引き起こすであろう事は容易に想像できると思います。

    次の役目は冷却です。
    シリンダー内では爆発が起こっているわけですから当然高温になります。
    そのためエンジンは空気(空冷)や水(水冷)で冷やされているのですが、シリンダーの中などは水や(余分な)空気を入れる事が出来ません。
    そのためオイルを循環させる事で熱を奪い冷却しています。

    気密性を保つ、という役目も在ります。
    前述したようにシリンダーと往復運動をするピストンの間にはごく少ない隙間があります。
    その隙間から気化した燃料や排ガスが漏れないようにするために気密性を保つ必要があります。エンジンオイルは「油膜」でその隙間を埋め、気密性を保っています。

    他にも錆止めや清浄効果など、エンジンオイルには非常に重要な役割があります。
    また、劣化は避けられないために定期的に交換しなければならない消耗品なのです。

    交換時期ですが、メーカー推奨は10,000Km~15,000Kmだと思います。
    また経時変化もありますので、走行キロだけではなく一定の期間(一年程度)内で交換する事が推奨されています。
    ただ、一般的には「5,000Km・半年」が目安という事も言われています。

    エンジンオイルの価格はそれこそ「ピンからキリまで」です。
    車によって必要なオイルの量も変わってきます。
    一度オートバックスやジェームスなどのような大きなカー用品店でご覧になってはいかがでしょう。
    その上で納得できる価格であればスタンドで交換しても良いと思います。
    返信する
  • art_date
    回答ありがとうございます。

    エンジンオイルには重要な働きがあったんですね。なにぶん初心者なので、どうするべきかと悩みました。今度、スタンドに行くごとに価格を確認して、納得できるところで交換したいと思います。
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する