質問
77mitan
夏になると焼きたくないがために日焼け止めをやたら塗りまくっています。
使うものは大体決まっているのですが、日焼け止めに表記されているSPFなどはあまり気にしていませんでした。
そもそもSPFって何なんですか?
この数値が高いと何か効果の持続時間が長いなどの影響があるんですか?

机の上にある日焼け止めを見て、ふと気になったので質問させてもらいました。
分かる方いたら教えてください。
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(2)

古い順表示
  • yumihati
    SPFは、紫外線を浴びた肌が赤く日焼けするまでの時間をどれだけ引き伸ばせるかを示す目安の数値です。

    SPF1は20分相当なので、日焼け止めの効果を期待できるのは、たとえば、SPF10な10倍×20分、SPF30なら30倍×20分、と計算することができます。
    数値が高ければ高いほど、効果が高いと言えますが、30以上のものはほとんど変わらないそうですし、高すぎると肌への負担も高くなるので、日常生活で使う分には、20~30くらいのもので大丈夫だと思います。
    屋外で長時間過ごすのであれば、50くらいが妥当だと思います。
    なお、SPF50以上のものは、SPF50+ としか表記されていません。

    SPFの他にPAという数値もあり、こちらは黒く日焼けしたりするのを防ぐ力を示しています。PA+~PA+++まであり、+の数が多いほど日焼けを止める力が強いです。
    日常生活で使うなら PA++、屋外で長時間過ごすのであれば PA+++で良いと思います。

    ちなみに、SPF値が正しく発揮されるのは、1平方センチメートルあたりに2ミリグラムあたりを塗布した場合で、この量だと肌に結構白い感じでクリームが見えます。
    逆に透明になるまで薄く伸ばしたりしたら、数値通りの効果は期待できないので気をつけてください。

    また、肌に直接塗るものですので相性もあります。
    パッチテストなどで自分の肌に合うかどうかを試しておいたほうが良いでしょう。
    返信する
  • 77mitan
    数値が高ければ高いほど、肌への負担が高くなるんですか\(◎o◎)/!
    そうとは知らずに、高ければ高いほど、効果が高いと思って、SPF50+ を使ってました!
    日常生活でも orz
    質問してよかったです。
    回答ありがとうございました!
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する