質問
匿名ユーザー
私は自分に自信が持てず、ものすごく自己PRが苦手です。
ちょっと長所になるかな?と思ったことでも、こう考えたら短所だ…と思ってしまうネガティブ思考まで持っています。
なので、自己PRを上手く書けた覚えがありません。

この自己PRというものに、例文は存在するのでしょうか?
もし、存在するのであれば、それをベースに何とか頑張りたいのですが、例文となるものがなければ、自分で書き起こさなくてはならないので、自己PRの書き方の基礎を教えてください。
また、それをベースに面接での
自己PRについても教えていただけるとうれしいです。

回答をいただけると幸いです。
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(2)

古い順表示
  • n_ueh
    面接先が 「求める人材像」 から、逆算して自己PRをつくるのが一番ですよ。 「こう考えたら短所だ…」 とご自分でも仰られているように、人にはいろんな面があるので、どんなふうにも収縮可能とおもいます(まったくの虚偽はだめですが)。 「自分自身」 からの抽出ありきではなくて、面接先の 「求める人材像」 に応答していくのが、面接における自己PRです。 一般的に美徳とされるポイントでも、その面接先では不要とされるポイントかもしれないし、逆も真だし。 ゲーム感覚で、Hit率を上げて、効率よくPRしていきましょう!
    返信する
  • ssksoze
    根拠のなく?自信満々になる必要はないですが(笑)少しでも自分の良さをアピールできるようになると楽ですよね。例文は沢山ありますよ! それを当てはめながら自分の長所を作成していくとまた、新しい発見があるかも知れませんね。
    http://www14.plala.or.jp/shukatu/jiko100.html

    おっしゃる通り、短所と長所は表裏一体でもありますから、面接でも書類でも(短所)を伝えたうえで最後に(長所)をはっきり、しっかり伝えると印象も良くなると思います。

    私が自己PRする際に基礎として心がけている事ですが、ある物事に関して(なぜならば)という視点を加え、相手に自分をより理解してもらえるようにしています。
    (自分が興味をもっていること)⇒(なぜ、そのことに興味をもっているのか)
    (○○の事柄にこの様な考えがある)⇒(なぜ、そう考えるか)など。
    面接での自己PRでも、(自分の本当の考え)であれば説得力もあり、相手の心にも響くでしょうし、日頃から自分の気持ちや物事への捉え方などじっくり考える癖をつけると良いかも?
    例文として参考にされるくらい、自己PRが上手になると良いですね(^^ Good Luck ☆☆☆
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する