質問
rikakonZ
コーヒーに対して、あまりこだわりはなかったのですが、
ここ最近、「美味しいコーヒー」に魅力を感じるようになってきまして、
ちょっとコーヒーにこだわってみようかと思っています。

けれども、コーヒーの淹れ方の種類?エスプレッソやモカなどについての知識もなく、キリマンジャロやブルーマウンテンなど、コーヒー豆の種類に関しては、何がなんだかよくわかりません。
とりあえず、コーヒーの種類を知りたいので、コーヒーの種類に関して詳しい方がいましたら、ぜひ教えてください。
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(2)

古い順表示
  • ssksoze
    私もコーヒーは大好きで、1日2~4杯以上飲んでいます。
    大体はインスタントで済ますのですが、余裕がある時やアイスコーヒー用などは自分で淹れています。
    やはり自分で、しかも豆にもこだわって淹れると味わい深く、幸せな気分になれますね。
    こだわりだすとやはり奥が深いコーヒーですがさわりだけでも。

    コーヒーは、北回帰線と南回帰線の間のいわゆるコーヒーベルトと言われる約70ヵ国で生産されています。また、その多くは原産国や栽培している地方の名前が付いています。
    その栽培品種は200種類以上といわれ、コーヒー専門店などでは4~50種類用意しているところもあるようです。
    幾つかご紹介しましょう

    ・ブルーマウンテン
    ジャマイカのブルーマウンテン地方で栽培されるものです。香り高く、バランスが取れた味です。

    ・モカ
    イエメンの都市の名前ですが、エチオピア産の物もあります。香り高く強い酸味があり、甘みとコクもあります。

    ・キリマンジャロ
    タンザニアのキリマンジャロの麓で生産されています。強い酸味・コクがあります。

    ・コロンビア
    強い酸味と甘みが特徴ですが、バランスが良く、ブレンドの基本として使われる事が多いようです。

    ・グアテマラ
    酸味・コクがあり、香りも良く、切れの良い後味が特徴です。

    ・マンデリン
    インドネシアのスマトラ島で生産されています。苦味とコクが特徴で酸味は余りありません。

    他にも数多くあり、紹介しきれません。
    変わったところではコピ・ルアクというジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆もあり、その希少性から非常に高価で、世界で最も高価なコーヒーとして知られています。

    いろいろ飲み比べるのも楽しみの一つですね。
    返信する
  • rikakonZ
    味結構違いますよね。
    育った地域でこれだけ違うんですね。
    ありがとうございます。
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する