質問
かず
携帯電話の充電池ってリチウム電池なんですよね?
私は繰り返し受電できる電池の種類をリチウム電池だと思っていたんですが、間違った認識でしょうか?
バッテリーと聞くと充電できる電池だと思うんですが、リチウムバッテリー以外にも充電できるタイプの電池ってあるんでしょうか?
新聞で電気自転車やハイブリッドカー、電気自動車なんかにもリチウム電池を採用って記事を読んだ気がするんですが、携帯のバッテリーと同じように寿命なんかがあったりするんでしょうか?
携帯のバッテリーに比べて長持ちしてくれないと、高いハイブリッドカーを買う気になれないですよね…
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(1)

古い順表示
  • 匿名ユーザー
    リチウム電池についての質問という事でしたが、ご質問者様の認識は合っているとも言えますし、また合っていないとも言えます。というのもリチウム電池という定義は、電池のマイナス側にリチウムという金属を使っている物全般の事だからです。
    ですので、一般的に言われる使い捨ての電池にもリチウム電池はありますし、ご質問者様が言われるような充電型電地のリチウム電池もあります。使いきりタイプの物を一次電池、充電タイプを二次電池というので、前者と後者はそれぞれリチウム一次電池・リチウム二次電池という事になりますね。
    バッテリーという言葉の定義としてはご質問者様の通り、充電出来る電池と考えて差し支えないと思います。

    次いでリチウムバッテリー以外にバッテリーはあるのか、バッテリーに寿命があるのかという質問ですが、これは両方ともあると言えます。
    リチウムバッテリーと一般的に呼ばれるものは実は前述したリチウム二次電池とはまた別の物で、リチウムイオンバッテリーというのが本来の名称です。リチウムイオンバッテリーは細かく充電を繰り返しても劣化がしにくいというのが特徴で、その性質故に携帯電話や車のバッテリーに使われます。リチウムバッテリー以外のバッテリーですと鉛・ニッケルなどが使われていますが、どちらもバッテリーの用途としてはリチウムイオンバッテリーに比べると劣るところが多く、国内ではあまり使われていません。

    バッテリーの劣化についてですが、これはどうしても避ける事は出来ない問題です。
    ハイブリッドカーのバッテリーが殊更悪いというわけではなく、どのような車もバッテリーの寿命は大体3年前後と言われています。ですので、ハイブリッドカーでもそうでない車でもバッテリーの交換という問題はついて回りますし、これに関しては特に気にする事ではないのではないでしょうか。
    ちなみにバッテリーの寿命を長くもたせる為には使い切ってから充電するという説をよく耳にしますが、実はそれは間違いで、一気に深く充電する方が寿命を縮めるようです。満タンの状態で放置するのも良くないそうなので、バッテリーを長持ちさせるにはこまめに充電するのが肝要なようですね。
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する