質問
匿名ユーザー
市販のカレールーで作ったカレーでも充分美味しいですが、ネットでタモリさんのカレーが美味しいという噂を聞いて、自分でもスパイスを使ってカレーを作ってみたいと思いました。
一度もスパイスを使って一からカレーを作ったことが無いんですが、配合とか調合とか難しいんでしょうか?
いきなり凝ったカレーは作れないと思うので、シンプルなカレーを作りたいと思っています。代表的なスパイスや基本的なスパイスの種類なんを教えてもらいたいです。
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(2)

古い順表示
  • slismjp
    私もカレーが大好きで結構調べるんですが、
    香辛料(スパイス)は沢山の種類があって数えだすとキリがない(笑)

    そんな多くのスパイスの中でもシンプルに作るなら・・・・・・・

    ・ガラムマサラ⇒
    香りや辛味をつける。 香りが飛びやすいので完成間近に加える。
    タンドリーチキンやカレー、グリル料理、米や豆料理と相性が良い。

    ・ターメリック⇒
    カレーやピラフに香りや色をつける。 
    独特の香りがあり苦手な人もいる。フライパンで煎って香りを若干飛ばす方法もある。

    ・クミン⇒
    カレーに香りをつける。 このスパイスが入っているか否かで
    カレーの風味が変化するほどです。煮込み料理の他、肉料理やパンやクッキーとの相性も良い。

    ・コリアンダー⇒
    フレッシュな柑橘系の甘い香りが特徴。

    ・カルダモン⇒
    ガラムマサラ同様にカレーに欠かせないスパイス。
    肉の臭みを取ったり、焼き菓子に使われます。
    多すぎると漢方薬のような独特の香りがしますので使用量には注意。

    ・シナモン⇒
    香りをつける。仕上げの直前に使用するのが良い。
    パンや洋菓子との相性が良い。 珈琲や紅茶などの飲料にも!

    ・月桂樹⇒
    肉や魚の臭みを取り除きます。煮込み料理には大活躍。
    長く煮込むと苦味が発生するので注意が必要です。

    ・グローブ⇒
    甘い・辛い料理など色々な料理にあうスパイスです。
    香りが強く、苦手な人も多く使い過ぎると食材の良さが失われることもあるので注意が必要。

    この代表的なものでも十分、美味しいカレーが作れるはずです。
    調合は香りが強すぎるものや苦味が発生するものなどの特徴を把握して
    少しずつ、自分流の調合をしていくことをオススメします。
    返信する
  • ssksoze
    スパイスにはさまざまな種類があります。
    しかしただ辛いだけではおいしいカレーをつくることはできません。
    味、色、風味などスパイスの特徴を考えて、調合する必要があります。
    簡単か難しいかで言ったら難しいでしょう。何度も研究しておいしい本格的なカレーに近づける必要があります。

    基本は4種類のスパイスが使われているようです。

    ・香りを付けるクミン:和名ばきん。強い香りとわずかな辛味と苦味がある。

    ・色をつけるターメリック:和名うこん。黄色の着色作用がある。服についたらなかなか落ちないです。その着色作用を利用して、色をつけています。

    ・香りと旨味をつけるコリアンダー:和名こえんどろ。一般的に小粒のほうが香りが強いという特徴があります。

    ・辛味をつけるレッドペッパー:和名唐辛子。熱に強く煮込んでも焼いても辛さが減ることは無いです。

    基本はこの四種類を使って作ると良いと思います。これに好きなスパイスを足して、自分好みのカレーを極めてください。
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する