質問
匿名ユーザー
お米1合の重さってよく言う1カップでしょうか?

炊飯器についていた計量カップが割れてしまい、家にあった計量カップで測ったらなんかいつもより多く炊き上がったような気がします。
1カップは200ccというのは知っているんですが、炊飯器についていたカップは200ccじゃないんでしょうか?

そもそも米1合を測ってたカップにはccとかグラムなんて単位が書いてなかったような気もしています。
米用の1カップは200ccで、同じく200gでしょうか?
このQ&Aをピックアップ
0人がPICK UP
この質問に回答する
このQ&Aをはてなブックマークに追加 
回答の並び:古い順最新順
回答

この質問への回答(3)

古い順表示
  • marimoloveyou
    一合は180mlです。

    水ならば180ml=180gですが、
    お米は乾燥状態によって重さが変わるため、180ml=150~180gくらいになります。

    お米の体積の1.1~1.2倍の体積の水を入れて炊くのが目安です。
    返信する
  • kasuminomi1
    お料理にお菓子、計量について悩んだ経験、私もあります。

    お酒は一升、約1.8リットルなので、お米の場合は約180ccが1合です。
    なので、これまで使用されていた炊飯器に付属のお米用のカップは
    当然、1合 180ccで軽量する容量だったと考えられます。

    水や牛乳などの1カップは200ccです。

    えーーーー??? なぜ、何故、ナゼーーーーー???
    うんーーーーーー、さらに疑問がわいてきますね。

    こんな理由があるのです。
    現在、日本で物を計るときには(メートル法)という
    国際的に標準化されている単位を使用しています。
    しかし、約40年前までは『尺貫法(しゃっかんほう)』という、
    日本独自の計量単位が使われていました。
    その方法によって、(お米1合=180cc)なのです。

    また、(お米1合・180ml)は重さで表すと約150~160グラムです。
    ※お米の種類等で隙間などの違いがあるため若干の差がでます。


    確かに水や牛乳の計量を目的とした最近の計量カップは
    1カップ=200ccですから多目に炊き上がってしまいますね。

    お料理の際には単位を間違えると出来上がりに影響するので
    正しく知っておきたいですね。
    私は主に(目分量派)ですが・・・(笑)

    今日もホッカホカの美味しいご飯がいただけますように!!
    返信する
  • 匿名ユーザー
    米一合は約180ml=約180ccに相当します。

    正確には、180.39mlですね。

    明治時代に一升=約1.8039リットルと定められて、一升のその十分の一の数、一合は自然に180.39mlとなりました。

    米の品種や米の乾燥具合にもよりますが重さでは、一合150gです。

    米は米粒同士に空気の隙間があるため、液体(水)より軽くなります。

    「合」は体積を測る単位でgは重さを量る単位です。

    そのため合は測るものによって重さの比重や温度によって重さが変わる場合があります。

    家でも量ってみましたがうちでも軽量カップで量るとちょっと少ない気がするけど180ccはかりで量ると150gでした
    返信する

「役に立った!」「更新通知を受けたい!」PICK UP

このQ&Aをピックアップ

RoutyのソーシャルQ&Aシステムを使いませんか?

RoutyはTwitter、mixi、FacebookのIDを利用したソーシャルQ&Aサイトです。わからないことを質問するとソーシャルの利点を生かしすぐに回答があるかも?また特定の分野で回答を行っているとスペシャリスト(専門家)として認定します!

現在お使いのアカウントを使ってすぐに参加することができます。

みんなで優良なQ&Aナレッジデータベースを作りましょう!

気になる疑問をRoutyですぐに解決

新しい質問を投稿する