インフォメーション

桜の開花予想サイトの楽しみ方

気が付けば、4月。
今年は天気予報番組で桜前線の話題を目にしたり耳にしたりすることがありませんが、ここ二日ばからは全国的に晴天が続いたので、あちこちで桜色も濃くなったのではないでしょうか?
ところで、誰(どこ)が桜の開花予想を行っているかご存知ですか?

桜 ソメイヨシノ

桜 ソメイヨシノ

実は、気象庁は、1955年から続けてきた桜の開花予想を2010年春から取り止めています。
その理由は、民間の気象事業者が、精度の高い開花予想を発表するようになって、気象庁の役割は終わったから。
今では、気象庁は、桜の開花を観察しているだけだそうです。
では、どこが桜の開花を予想しているかと言うと、主な気象事業者のサイトは次の3社です。
3サイトを見比べると、若干、開花予想日にはズレがあります。
そんなときには、サイトを使い分けるのも一つのアイデアかもしれません。
筆者の個人的な感想は、
  • 一枚の日本地図で見た場合、個人的には、株式会社ウェザーマップの開花予想が見やすいと思います。
    twitter で、ウェザーマップ さくらチームのアカウント @wm_sakura をフォローしておけば、桜情報も簡単にゲットできます。
  • 平年との差や昨年との差を比べるなら、財団法人日本気象協会の開花予想が使いやすいです。
    “春めき度”を表わす春メーターも、判りやすいです。
  • 株式会社ウェザーニューズの開花情報は参加型なので楽しいと思います。
    桜の様子を携帯やスマートフォンで投稿したり、twitter でつぶやいやり、イマドキです。
  • 今年は、上記のような桜の開花予想サイトで、桜の開花情報を上手に入手しましょう!
「ライフハック」カテゴリの記事
次の記事
前の記事
カテゴリー: ライフハック   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントにタグは利用できません。改行はそのまま反映されます。