インフォメーション

初心者でも簡単3分!Google+ ページを作成する方法

(サンプル)Google+ ページ

こんにちは。
2011年11月7日(現地時間)から、企業やブランド向けのページである「Google+ Pages(以下「Google+ページ)」の提供が開始されています。
この Google+ページ、実は、Google+のアカウントを持っていれば、誰でも自分のページを作成することができます。
Facebook の Facecbookページに相当し、ユーザーに Facebookページで「いいね」ボタンを押してもらうことができるように、Google+ページで「+1」ボタンを押してもらうことができます。
今回は、Google+ページを作成します。

 Google+ ページを作成する方法

Google+ページは、Google+アカウントで管理します。
Google+アカウントを持っていなければ、あらかじめ Google+アカウントを作成しておきましょう。

(cf) Google+アカウントを作成する方法はこちら → http://routy.jp/info/archives/howto_join_goole-plus.html

図1.Google+ ページを作成する

図1.G+ ページ作成

1.Google+ページを管理するGoogle+アカウントでログインし、画面右側下、<Google+ページを作成する>リンクをクリックします(図1)。

図2.Google+ ページ作成画面

図2.G+ ページ作成画面

2.Google+ページ作成画面でカテゴリを選択します(図2)。
カテゴリは、次の5つから選択します(今回は、<その他>を選択)。

  • 地域のお店や場所(図2-1)
  • 商品/ブランド(図2-2)
  • 会社、機関、組織(図2-3)
  • 芸術、エンターテイメント、スポーツ(図2-4)
  • その他(図2-5)

目下のところ、カテゴリを変更する機能はないので注意してください。

図2_1.Google+ページのカテゴリ~地域のお店や場所

図2_1.カテゴリ~地域のお店や場所

図2_2.Google+ページのカテゴリ~商品・ブランド

図2_2.Google+ページのカテゴリ~商品・ブランド

図2_3.Google+ ページのカテゴリ~会社・機関・組織

図2_3.カテゴリ~会社・機関・組織

図2_4.Google+ ページのカテゴリ~芸術・エンターテイメント・スポーツ

図2_4.カテゴリ~芸術・エンターテイメント・スポーツ

図2_5.Google+ ページのカテゴリ~その他

図2_5.カテゴリ~その他

3.選択したカテゴリに応じて必要な情報を追加し、<作成>ボタンをクリックします(図2_1~5)。

図4.公開プロフィールをカスタマイズする

図4.プロフィールのカスタマイズ

4.続いて、プロフィール編集画面で作成するページの公開プロフィールをカスタマイズします。
カスタマイズし終えたら、あるいは後でカスタマイズする場合、<続行>ボタンをクリックします(図4)。

図5.情報を発信する

図5.情報を発信する

5.作成したページをサークルに通知する場合、サークルを選択して<Google+で共有>ボタンをクリックします。
共有し終えたら、あるいは後で共有する場合、<完了>ボタンをクリックします(図5)。

図6.Google+ ページとアカウントを切り替える

図6.G+ページとアカウントの切り替え

6.これで、Google+ページは作成できました。
画面左側、アイコンの脇にページ数が表示されています。これは、現在ログインしているアカウントで作成した Google+ページ数です。アカウントと Google+ページを切り替えるときは、このページ数をクリックし、アカウントもしくは Google+ページをクリックします(図6)。

図7.Google+ ページのマイページ

図7.G+ ページのマイページ

7.Google+ページを削除するときは、ページ数をクリックし、<ページを管理>をクリックします(図6)。
マイページに切り替わるので、<削除>ボタンをクリックします(図7)。

なお、<管理>ボタンをクリックすると、Google+ページに戻ります。

 Google+バッジを取得する方法

さて、Google+ページを作成しただけでは、「ダイレクトコネクト (Google+ Direct Connect)」 の対象にはなりません。
ダイレクトコネクトとは、キーワードの前に「+」を付けて検索すると、Google+ページを検索候補に表示してくれるものです(11月18日時点で、日本語版では未実装)。
たとえば、「ソーシャルQ&A Routy」という Google+ページを作成したとしましょう。ユーザーが「+Routy」と入力して検索した場合、「ソーシャルQ&A Routy」という Google+ページが検索候補に表示されることが期待されます。もちろん、選択すれば、「ソーシャルQ&A Routy」という Google+ページに移動します。
つまり、Google+ページへの導線を確保することができるわけです。
では、「ダイレクトコネクト (Google+ Direct Connect)」の対象になるにはどうするかと言うと、ウェブサイトと Google+ページを以下の方法でリンクします(Google+ページ ヘルプ参照)。

  • Google+ バッジ(またはアイコン)をウェブサイトに追加する
  • Google+ ページのプロフィールからウェブサイトにリンクする
図8.Google+ バッジを取得する

図8.G+ バッジを取得する

1.Google+ アイコンをウェブサイトに追加するには、専用のソースコードをウェブサイトに貼り付けます。
Google+ ページのトップページの画面左側、<使ってみる>リンクをクリックし、<バッジを取得>リンクをクリックします(図8)。

図9.Google+ バッジのソースコードを取得する

図9.G+ バッジのソースコードを取得する

2.<Google+ ページをサイトにリンク>ページで、バッジ(またはアイコン)のデザインを選択します。
デザインに応じたソースコードが出力されるので、そのソースコードをコピーして、ウェブサイトに貼り付けます(図9)。

Google+ バッジは、バッジを設置するウェブサイトから Google+ ページへの誘導を促進するもので、「ウェブサイトから Google+ ページへのリンク」、「その場でサークルに追加するボタン」、「+1ボタン」がセットになったものです。
Google+ バッジ(もしくはアイコン)を使用することができない場合は、代替手段として、a 要素を使って『rel=”publisher”』を埋め込む方法が用意されています。

<a rel=”publisher” href=”https://plus.google.com/[ページ ID]“>Google+ にアクセス</a>

ページ ID は、Google+ ページのURLに含まれる 21桁で表される ID です。

図10.プロフィールのウェブサイトを変更する

図10.プロフィールのウェブサイトを変更する

3.一方、Google+ ページのプロフィールからウェブサイトにリンクするには、Google+ページのプロフィールの基本情報を変更します。
<プロフィールを編集>ボタンをクリックして、プロフィール編集画面で、基本情報のウェブサイトの項目にウェブサイトのメイン ページのURLを入力し、保存します(図10)。

後は、「その場でサークルに追加するボタン」や「+1ボタン」をクリックしてもらえるよう、しっかりアピールできるような魅力ある Google+ ページを作成していけばOKです。
関連する記事
「IT」カテゴリの記事
次の記事
前の記事
カテゴリー: IT, ライフハック   パーマリンク

初心者でも簡単3分!Google+ ページを作成する方法 への1件のコメント

  1. ピンバック: Google+バッジ と Google+ Widget | さいとつくります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントにタグは利用できません。改行はそのまま反映されます。