インフォメーション

できてしまった辛い手湿疹(主婦湿疹)に対処する3つの基本ケア

手湿疹の例

こんにちは。
手湿疹(主婦湿疹)には辛い時期がやってきましたね。
だからと言って、洗顔、家事、育児、介護、仕事、、、日常生活の中で、そうそう手を休めてはいられません。

手湿疹の厄介なところは、原因を特定することが難しいことです。というのも、手は、色々なものに触れる部位だからです。
このため、手湿疹の治療には根気が必要とよく言われます。だからこそ、手湿疹には日々のケアがとても大事なのです。

しかし、悲しいことに、日々のケアに気を付けていても手湿疹ができてしまうときがあります。
そんなときにはどうしたらいいでしょう?

 手湿疹ケアの基本は、弱ったお肌を労わり守ってあげること

今回は、できてしまった手湿疹に対処する3つの基本ケアを紹介しましょう。

  • カサカサは保湿してケア
  • プツプツは冷却してケア
  • ジュクジュクは湿潤してケア

お肌は通常、皮脂膜によって外部の刺激から保護されています。というのも、皮脂膜が、皮膚の角質層に蓄えられている水分の蒸発を防いでいるからです。

しかし、皮脂膜は水で洗うだけでも簡単にはがれしまいます。皮脂膜の再生には数時間を要し、その間、肌はバリア機能が低下している状態で外部の刺激に晒されることになります。
外部の刺激は、食器用洗剤、衣類用洗剤、業務用洗剤など各種洗剤、シャンプー、リンス、ボディソープ、布、紙、インク、ゴム、セロハンテープなど、多岐に渡ります。

手湿疹を起こしている肌は、ましてや、それらの刺激にとても敏感です。このため、弱ったお肌を労わり守ってあげることが基本ケアの根幹になります。

手湿疹の3つの基本ケア

 カサカサは保湿してケア

手湿疹では皮膚が乾燥することは珍しくありません。このカサカサは、酷いときにはボロボロに剥がれたり、ベロベロに捲れたりします。

そんなときには、お肌のバリア機能をハンドクリームで補ってあげましょう。

ハンドクリームと一口に言っても、いろいろなハンドクリームがあります。手湿疹に優しいハンドクリームはどんなハンドクリームでしょう?

少なくとも、合成界面活性剤が乳化剤として使われているハンドクリームは手湿疹にまったく優しくありません。
というのも、合成界面活性剤は、洗顔料、クレンジング料、シャンプー、リンスなどに幅広く利用されていますが、強い脱脂力と洗浄力によって皮脂膜を洗い流して角質層を壊してしまうからです。
手を保湿するために塗っていたハンドクリームが手湿疹の原因となっては本末転倒ですね。

白色ワセリン(プロペト)

白色ワセリン(プロペト)

手湿疹の保湿ケアとして一番にオススメするのは、軟膏基剤や皮膚の保護剤として利用されている白色ワセリンです。安全性が高く、口に入っても目に入っても無害です。
白色ワセリンを小さじ半分~1杯くらいとり、手のひらで温めてから、手によく揉みこみます。普通のハンドクリームと同様、すぐに落ちてしまうので、水を使った後などは必ず塗りなおします。

なお、白色ワセリンが体質に合わない場合は、すぐに使用を中止してください。
合成界面活性剤を使用していないハンドクリームに切り替えてください。尿素系のハンドクリームは患部に染みるので、おすすめしません。

 プツプツは冷却してケア

手湿疹では小さな水泡(汗疱)ができることがあります。

このプツプツは猛烈に痒いです。当たり前ですが、掻いちゃダメです。掻いても治りません。治らないどころか、プツプツが潰れて、汁が出てきて、症状も見た目も酷くなってしまいます。治りも悪くなります。そこから雑菌も入りやすくなります。

でも、猛烈に痒いので、猛烈に掻きたくてたまりません。掻いちゃダメと判っていても、痒みがおさまるまで、つい掻いてしまいます。眠っているときに、痒みのあまり、掻きながら起きてしまうこともあるほどです。

そんなときは、まず、患部を冷やして痒みを鈍らせてみてください。
患部が直接、水や氷、保冷枕などに触れることは刺激が強いので、おすすめできません。さらに痒みが増してしまいます。

水を使う場合は、清潔なビニール袋などに手を入れて、流水や溜水に晒して冷やします。氷や保冷枕を使う場合は、木綿のタオルやハンカチなどで包み、患部にサランラップを巻いて、冷やします。

冷やしすぎにはくれぐれも注意しましょう。
また、患部を濡らしてしまったら、乾いたタオルで水気を拭き取り、ハンドクリームでケアしましょう(下記参照)。患部を濡れたままにしておくと、手湿疹は酷くなります。

痒みが軽減されないようであれば、皮膚科に行くことをおすすめします。

 ジュクジュクは湿潤してケア

手湿疹では水泡(汗疱)が潰れてジュクジュクしてしまうときはありますね。

患部がジュクジュクしていると言っても、お肌は潤っているわけではありません。むしろ、乾燥しています。そんなときには、肌のバリア機能を補った状態を保ってあげましょう。

ステロイド剤(例)

ステロイド剤(例)

使うのは白色ワセリンもしくは処方されているステロイド剤です。

ステロイド剤の塗布は、症状が酷いときには効果的です。しかし、ステロイド剤を長く使い続けていると、だんだん耐性ができてしまい、どんどん強いものを使用しなければ効かなくなってしまうことがあります。
ステロイド剤の使用に抵抗がある場合は、白色ワセリンを使いましょう。

白色ワセリンまたはステロイド剤を患部に塗って、日中などは使い捨てのポリエチレン手袋をはめ、就寝中は綿手袋をはめ、水仕事のときはポリエチレン手袋や綿手袋の上からビニール手袋をはめます。

ポリエチレン手袋や綿手袋に刺激を受けてしまう、作業や業務を行う上で支障がある、など手袋の着用が難しい場合は、あかぎれ用テープや敏感肌用(低刺激)テープなどで保護しましょう。

患部や患部周辺が赤く腫れたり熱を帯びている場合は、患部から雑菌が入っている可能性があります。念のために、皮膚科を受診することをおすすめします。

 手湿疹ケアの基本は、弱ったお肌を労わり守ってあげること

手湿疹が改善した例

手湿疹は本当に厄介です。
雑誌やパンフレットを見たり、洗濯物を干したり畳んだり、お札を数えたり、ダンボールや新聞紙を束ねたり、そういった日常的な動作さえも、ある日突然、手湿疹を悪化させることがあります。
また症状が一旦治まってケアをやめてしまうと、ぶり返すことも珍しくありません。油断しないように注意が必要です。
普段のケアはもちろんのこと、プツプツやカサカサやジュクジュクができてしまったときは、上記3つの基本ケアでお肌を労わってあげてください。

「ライフハック」カテゴリの記事
次の記事
前の記事
カテゴリー: ライフハック, 生活   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントにタグは利用できません。改行はそのまま反映されます。